SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« スーパーキャパシタのはなし | トップページ | FM検波のはなし »

2010年10月29日 (金)

ANLのはなし

ANLとは
[Automatic Noise Limitter]の略で、CBトランシバーや昔のAM変調された通信機の受信機によく使われていました。昔はオートバイや車のエンジン点火のスパークなどパルス状のノイズを発生するものが増えてきた時代で、すこしでもあのバリバリという雑音を軽減しようと開発されました。
ハード的にはAnl_2AM受信機の検波段に使われる回路で、ダイオードで検波しただけではレベルの大きなパルス雑音は残ってしまいます。 それを抵抗とコンデンサーでパルスが無くなるような時定数を作ってダイオードのカソード側に接続し、その電圧よりも大きなパルス雑音のとき(マイナスレベルが大きい時)にはダイオードが逆バイアスになるように動作して、パルスノイズを減らします。しかしながらあくまでパルスの高さを制限するだけなので、極端な音量ではなくなりますが、やはりかなりのノイズが残ってしまいます。アマチュア無線などの受信機ではこのノイズをIF周波数のときに積極的に削除しようと、ミキサーのすぐ後、IFフィルターの前に高周波スイッチを設け、ミキサー後のノイズを含んだ信号を増幅・整形してノイズの部分だけを切り取る「ノイズブランカー」が開発されました。しかしながら、スイッチングの遅延やノイズ検出、混変調の悪化など難しい部分もあり、うまく動作する時はスパッと無くなるのですが、雑音源によって効果が変わったりして、なかなか難しい面も多かったと思います。
ソフト的には
 回路図を見てダイオード検波がマイナスに検波しているのを不思議に思うかも知れませんが、当時の主流の方法です。これはAM信号が入力レベルが多すぎる時に、クリップしないようゲインを下げる AGC のため、トランジスタのベースバイアスを強入力時に下げる回路が必要なためです。通常ある程度 (2V程度)に設定した電圧からベースにバイアスしますが、このポイントに検波電圧を抵抗・コンデンサを介して接続すると、強入力時に検波電圧がマイナスに振れますので、マイナス方向に引っ張られ結果としてベースバイアスを下げ、ゲインを下げます。

本回路やノイズブランカなどの回路は以下の本に記載されています。
高周波回路設計ノウハウ (現場技術者実戦シリーズ)


« スーパーキャパシタのはなし | トップページ | FM検波のはなし »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ANL調べてたらここへ来ました。ANLですが微弱な電波を受信したい場合はANL無しの方が良いのか?ANL回路によって信号の歪みや出力低下ありですか?又、ANL回路OFF方法はダイオードショートですか?素人ですが御回答願います。

図の回路のようにANLを実現するため、信号を270KΩ2つでレベルを半分にしています。これはダイオードをONさせるための電位差(ダイオードの順方向電圧0.3V〜0.7V)を作る為です。そのため検波レベルが下がってしまう点と、信号が弱い時にダイオードをONさせる電圧が得られず信号が出てこない弱点があります。
 環境的にオートバイやモーターなどパルス的なノイズが少ない場合は感度を優先してANLを外すのが良いでしょう。回路的にはダイオードをショートする方法ではレベルは改善されないので、レベルを上げるには100PFのコイル側から0.01uF程度のコンデンサーで信号を取り出して使ったほうが良いでしょう。

こんにちは、早速の御回答ありがとうございます。回路が違いますが考えは同じ、早速スルーで実験してみました。

無信号時のノイズ音が若干大きくなった?音質変わらず。
Sメーターの振れる前から信号音が聞こえるようになった。

しばらく様子みてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/49875468

この記事へのトラックバック一覧です: ANLのはなし:

« スーパーキャパシタのはなし | トップページ | FM検波のはなし »