SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« アバランシェについて考える | トップページ | YAESU FT-757 Power AMP 回路図追加 »

2010年9月 8日 (水)

LEDのはなし

LEDとは
[Light Emitting Diode]で発光ダイオードと呼ばれています。現在は照明用のLEDランプやテレビのバックライトなど、省エネ・高機能のものが開発されています。初期は赤色がほとんどで、緑色は輝度が低かったりして限られた用途でしたが、青色発光ダイオードの発明から3原色がそろったことや、紫外線発光ダイオードと蛍光物質との組み合わせなどで白色のLEDが開発されてから普及が進んできました。
ハード的には
LedPN接合のダイオードであることは同じですが、バンドギャップと呼ばれる電子を運ぶエネルギーギャップが大きいため、そのギャップを乗り越えて正孔と電子が結合する時にエネルギーギャップの差が光として外部に放出されます。直接光が生成されるため発熱が少なく、効率が高い光変換が可能です。一般的なシリコンダイオードと比較して発光ダイオードは順方向降下電圧(VF)が高く発光色によって違うが、赤外では1.4V程度。赤色、橙色、黄色、緑色では2V程度。白色、青色では3.5V程度。紫外線LEDは最も高く、4.5 - 6V必要です。 注意点としては、LEDは逆方向の耐圧が5V程度と低いため、整流用途には使えないこと、順電流を規格値よりも増やしていくと明るさは増しますが、高温になって寿命が極端に短くなること、発光色が変化することがあります。以前緑色LEDをつけたつもりが、黄色に光っていたのでおかしいなと思って調べると、電流制限抵抗を間違えて大電流が流れて黄色に光っていたこともありました。
材料について見てみると、マイクロ波半導体と似ている点も見られて面白い。
GaAs系
 AlGaAs(アルミニウムガリヒ素)赤外・赤
 GaAsP(ガリヒ素リン)赤・橙・黄
GaN系
 InGaN(インジウム窒化ガリウム)緑・青・紫・紫外
 GaN(窒化ガリウム)緑・青・紫・紫外
 AlGaN(アルミウム窒化ガリウム)緑・青・紫・紫外
その他
 アルミニウムインジウムガリウムリン (AlGaInP) 橙・黄橙・黄・緑
 リン化ガリウム (GaP) 赤・黄・緑
 セレン化亜鉛 (ZnSe) 緑・青
ソフト的には
最近注目の有機ELは発光体にジアミン類などの有機物(炭素原子を含む材料)を使っておりますが、LEDと同様な原理で発光する素子です。発色・コントラストに優れていることから、今後大型TVなどに量産されるのが楽しみです。

« アバランシェについて考える | トップページ | YAESU FT-757 Power AMP 回路図追加 »

アナログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/49386734

この記事へのトラックバック一覧です: LEDのはなし:

« アバランシェについて考える | トップページ | YAESU FT-757 Power AMP 回路図追加 »