SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« PhotoMOSリレーのはなし | トップページ | ツェナーダイオードのはなし »

2010年7月 1日 (木)

RFATTのはなし

RF ATTとは
高周波信号レベルを調整するアッテネーター(減衰器)です。個別素子を使った回路から簡単に使えるICなど各社から発売されています。
ハード的には
Pinatt
1) PINダイオードを使ったもっとも簡単なATT回路です。PINダイオードは電流を流すにつれてRF抵抗値が減少します。直列抵抗で電流を制限し、インダクターでRF信号との干渉を防いでいます。大きな減衰量は期待できませんが比較的簡単な回路で実現します。ダイオードの特性上温度変化に敏感ですので温度に対しての補償が必要です。
Hyb_att
2)比較的狭帯域で使用する場合には、90°ハイブリッドとPINダイオードを使ってATTを構成できます。回路は90°ハイブリッドの入力端子を入力に、ISO端子を出力とし、0°と90°出力端子にPINダイオードで接地します。出力のPINダイオードのインピーダンスが50Ωになるコントロール電圧の時に減衰量は最大になります。これは入力信号が反射しないので ISO 端子に戻らないためです。それ以外の電圧では反射が生じてISO端子に信号が出てきます。このとき電圧が少ない部分はバイアスが少ないため、入力信号が大きくなった時にダイオードの電流が変化して歪む恐れがあります。
Hmc346
3)GaAsFETを使った ATTICは Hittite社 などが有名ですが、DC-8GHzの範囲で 30dB以上の可変幅があり、応答速度も高速です。しかしながらマイナスの電源やコントロール電圧が必要なので、回路構成に注意が必要です。せっかく高速なATT ICですが、電圧変換のOPAMPに低速なICを使ってしまうと性能が出なくなるので選定には注意が必要です。
 最近は単電源でコントロールできるICも増えてきましたので、最新情報をチェックしましょう。
ソフト的には
これらのアッテネーターはコントロールする電圧と減衰量がリニアでないのが普通です。D/Aコンバーターなどでコントロールする場合最小コントロールステップを良く検討してBit数を選定しないと、必要な領域で分解能が出せないなんてことが起きます。最低でも 10BitぐらいのD/Aでコントロールすると安心ですね。

« PhotoMOSリレーのはなし | トップページ | ツェナーダイオードのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48765505

この記事へのトラックバック一覧です: RFATTのはなし:

« PhotoMOSリレーのはなし | トップページ | ツェナーダイオードのはなし »