SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« SPIのソフトのはなし | トップページ | Drain チョークのはなし »

2010年7月21日 (水)

マイクロ波のはなし

マイクロ波とは
[Microwave]で、電波の中でも最も短い波長域で、おおむね300MHz〜3000GHz(3THz)までの周波数帯をさします。波長が1m以下ですので、小型のアンテナで使えることから移動無線・携帯電話の普及で利用が盛んになっています。
ハード的には
<Microband_2右図のようにマイクロ波はバンドていうと UHF 以上のバンドを指します。これらの周波数は呼称として P 〜 W までのバンド名で呼ばれ、古くから衛星放送で使われていた Cバンドでは、ソビエトの衛星やASIASATなど直径4mほどのパラボラアンテナで日本でも受信することが出来ました。現在ではデジタル化した放送を行っているようです。
 日本になじみの深いのは Ku Bndでしょう。 Ku の u は under の u で K-Bandの下のバンドだからで、Ka の a は avove のことで上側を示しています。 日本のBS衛星はダウンリンク(家庭での受信用)に 12GHz 帯を、衛星へのアップリンク(衛星への送信用)に14GHzを使ってる事から Kuバンド衛星と呼ばれています。アナログ衛星放送のBS1CHはBSAT1で周波数は 11.843GHz で、デジタル衛星放送はBSAT2Aで BS1CHは周波数 11.996GHz で放送されています。
 またなじみの深い周波数では S-Bandの 2.45GHz で電子レンジや無線LANなど色々な用途に使われています。携帯電話では 810MHz〜960MHz付近と1710MHz付近、2110MHz付近など各社キャリアによって使用周波数帯が割り当てられています。 10GHz帯や24GHz帯はスピード違反取り締まり用のレーダーの周波数、41.5GHzや55GHzは放送局の中継用に使用されています。また最近デジタルハイビジョンテレビの画像を無線で伝送するシステムが 60GHz帯で開発されています。
ソフト的には
 デバイス技術の進歩、無線技術の進展で高い周波数でも利用できる環境は整ってきましたが、電波には伝送するのに都合の良い周波数があります。携帯電話を山間地で使いたい場合などは周波数が高いと直線性が良すぎて見通せる範囲しか届かなかったり、木や空気中の水分で電波が弱まったりします。NTT-Docomoなどは低い周波数バンドの 800MHz帯を与えられていますので比較的山間地やビルの谷間などでの伝送に有利です。今後テレビのデジタル化が終了すると現在のUHF帯の高い方の周波数が空きますので、携帯周波数の割り当てだけでなく、そこにどのようなサービスが始まるか楽しみですね。

« SPIのソフトのはなし | トップページ | Drain チョークのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48931010

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロ波のはなし:

« SPIのソフトのはなし | トップページ | Drain チョークのはなし »