« ラダーネットワークのはなし | トップページ | I2C Read のはなし »

2010年6月19日 (土)

RF IC AMPのはなし

RF IC AMPとは
MMICとも呼ばれますが、SOT-86やSOT-89とよばれる小さなプラスチックパッケージのICで単体・単電源で使えて DC〜6GHz程度の周波数の増幅が出来て便利なアンプです。Ag40386Ag4038ゲインは 10dB〜 20dB P1dB出力で標準で +10〜 +24dBm パワー用が +30dBm程度までのラインナップがあります。メーカーではTriquint(旧WJ)RFHICなど各社からピンコンパチブルな製品も含めて提供されています。
ハード的には
Ag403schema GaAs や InGaP などの半導体を使った HBT(ヘテロ接合トランジスタ)で、ドレイン端子に 5V程度を供給するだけで良く、マイナス電圧のバイアスが不要なことから大変使いやすく出来ています。しかしながら高周波デバイスですので流れる電流は 80mAから150mAなどかなりの電流が流れますので、使用する電源電圧によって電流制限用の抵抗の値やW数など、注意して使用することが必要です。また、見落としがちな点としてドレインに電流を供給するインダクタですが、小さな値では問題ないですが比較的低い周波数で使う場合、SMDインダクターなどは電流があまり流せなくて電圧がドロップするものがありますので注意が必要です。
Ag403gain
 広帯域に使えるとはいっても、使用例はあくまで狭い周波数帯域なので周波数によって結合のコンデンサーやドレインのインダクターを変えます。周波数によっては入力にインダクターを入れたりしてマッチングをとるなど使用回路例に指示がありますので参考にしましょう。広帯域で使うとどうしても図のようなゲインの変化がありますので、入出力間に抵抗とコンデンサをシリーズにつなげた帰還回路をつけて周波数特性を改善します。
ソフト的には
ICはかなりの熱が出ますので、SOT-89の中央電極のGND半田部分にはスルーホールを10個程度付けて裏面にも熱を伝導させ逃がします。入出力はRF信号ですからストリップラインで計算してパターン設計します。
RF ICアンプのリスト
一覧で各項目で並び替えられるリストはこちら


|

« ラダーネットワークのはなし | トップページ | I2C Read のはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RF IC AMPのはなし:

« ラダーネットワークのはなし | トップページ | I2C Read のはなし »