SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« プッシュプルAMPのはなし | トップページ | BackOffのはなし »

2010年6月11日 (金)

HEMTとドレイン電流のはなし

HEMTとドレイン電流とは
HEMTは以前説明したRFFETですが、今回パワー用のHEMTのドレイン電流について考えてみます。
ハード的には
Ganb10右図は EUDYNA社の EGNB010MKという10W出力の GaN-HEMTの出力特性のグラフです。このようなデーターシートはSパラメーターもそうですが、標準のドレイン電流というのが存在します。この図の場合 Ids(DC)=100mA とありますが、これは無信号時(アイドル時)に設定したドレイン電流です。GaN-HEMTは通常A級で使うことはなく、AB級で使用するデバイスなので入力信号が増えるに従って、ドレイン電流も増えていきます。ここで 10W出力( 40dBm)時の電流を求めてみましょう。グラフで 40dBm出力時は入力は 27dBmのところですから Drain Effは 53%ぐらいと読み取れます。効率=(RF出力-RF入力)÷消費電力 なので ( 10W - 0.5W)÷ (50V x XA )= 0.53なので計算して X = 0.36 A となります。アイドル時に 100mAであったドレイン電流が、10W出力時は 360mAまでふえることになります。それではアイドル時の電流をもっとへらすとどうなるのでしょう?GaN-HEMTはドレイン電流を減らすと信号が少ない時にゲインが小さくなって増幅しなくなります。それでも大きな入力が入ってくると上記同様に電流が流れ、パワーを出力します。C級に近い動作ですね。逆にドレイン電流を増やすとどうでしょう?電流を流すことによって直線性の改善が行われます。しかしながらピークパワーはあまり変わらず、熱が増えますので、大出力の素子で電流を多く流すのは素子の熱的限界から冷却が大変になります。
 GaN-HEMTはあまり高帯域で使わないならばピークパワーが出ますので、最大パワー規格の10分の1ぐらいで使い、OFDM用などへの低歪み高効率のアンプに利用されます。
 また、EMC用などに高帯域のアンプに使う際は効率の良いアンプとしてフルパワー状態で利用されますが、帯域を広くするため帰還や周波数特性の調整で単体のゲインが落ちて来る点、フルパワーで使うため比較的ゲート入力パワーが大きくなってしまいます。このような場合以前のGateBIASのはなしのようなゲートバイアス回路(下図)Gatebias_2を使って低インピーダンスでゲートを駆動しないとRF入力信号によってゲートバイアスが深くなり(この場合マイナス側に深くなる)ドレイン電流が減ってしまい、パワーが出なくなったりします。図中のダイオードによって整流されるのですがダイオードを取り去ると逆にRF信号でゲートが+方向に振られ、ドレイン電流が増えすぎるトラブルも起きます。やはりある程度ゲインを確保して過大な入力にならないように設計することが重要です。
ソフト的には
データーシートのドレイン電流は GaAs-HEMTなどはA級で使うことが多いので、指定される電流値で問題なく動作するでしょう。しかしながらGaN-HEMTを使いドハティ回路や高効率のAB級など動作点が変わる回路の場合は実際にカットアンドトライでやってみるしかないかと思います。その際重要なのは放熱条件や使用温度などに注意して、最大どのくらいのドレイン電流を流せるかを計算しておくことです。効率が思ったより悪くて、実際にはパワーを出した時に許容熱損失量を超えていたなんて場合があるので注意が必要です。

« プッシュプルAMPのはなし | トップページ | BackOffのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48599127

この記事へのトラックバック一覧です: HEMTとドレイン電流のはなし:

« プッシュプルAMPのはなし | トップページ | BackOffのはなし »