SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« GaN HEMTのはなし | トップページ | HEMTとドレイン電流のはなし »

2010年6月10日 (木)

プッシュプルAMPのはなし

プッシュプルAMPとは
[Push-Pull AMP]で出力ラインをPush(電流を流し出す)するデバイスとPull(電流を引き込む)デバイスで構成して必要な時に片方ずつ動作させることでA級動作のアンプなどにくらべ効率を上げた回路のアンプです。
ハード的には
Ppプッシュプル回路はオーディオでは出力にコンプリメンタリのトランジスタを使って構成する場合が多いですが、高周波のアンプの場合はセミリジッドケーブルなどを使ったトランス(バラン)で同じ極性のFETを2個使ってプッシュプル回路を構成します。右図に示すように高周波アンプ用デバイスでは1つのデバイスに2個のFETが内蔵され、プッシュプルで使うのが前提になっているのが多く見られます。それはプッシュプルで180°違った信号を合成することによって偶数時の高調波を打ち消す効果を期待しています。また、セミリジッドケーブルでのトランスによって2つの信号に分ける際にインピーダンスを1/2に変換する効果で高出力デバイスの低い入出力インピーダンスにマッチングさせるのに有利に働くからです。図でセミリジッドケーブルの向きに注意してください。中心導体側に分けられた信号はFETのゲートに入り増幅されたドレイン出力は合成時にトランスの外皮側に接続されます。(ここでは説明のため直流カットのコンデンサーを省略してあります) プッシュプルアンプの場合は両方のFET のドレイン電流を同じようにしてバランスをとります。そのためゲートバイアスは片方づつ個別に調整できるようにするのが良いでしょう。
ソフト的には
小信号のアンプではバランを使わずに90°ハイブリッドで2つのアンプを合成する場合がありますが、その場合はプッシュプルでなく、単なる合成アンプとなります。最近では90°位相を変えた信号を使い、かつ片方のデバイスの動作点をC級(ピーク信号時のみ働く動作)近くにして出力合成回路を工夫して高効率をめざしたドハティ回路なども使われていますが、あくまでバランなどで180°位相の違った信号を合成するのがプッシュプルアンプです。


« GaN HEMTのはなし | トップページ | HEMTとドレイン電流のはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48590687

この記事へのトラックバック一覧です: プッシュプルAMPのはなし:

« GaN HEMTのはなし | トップページ | HEMTとドレイン電流のはなし »