SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« VCOのはなし2 | トップページ | RFアンプの試作のはなし2 »

2010年5月 7日 (金)

セミリジッドケーブルのはなし

セミリジッドケーブルとは
[semi-rigid cable ]で外部導体が銅やニッケル、ステンレスなどのパイプでできた同軸線です。低損失で種々のインピーダンスを持ったものが COAX社 等で販売されています。
ハード的には
Semir
寸法的には外形φが 0.33mm から 9.62mm程度まで、1.6mmφのもので 1GHzで 1dB/mm程度のロスがありますが、実際はバランとしてのトランスとしての使用が多く、通常のλ/4 の長さで利用されます。製作には短縮率 0.63 をかけて短くしますが、半田付けする部分も考慮して1mm程度長めに切断します。カットするにはカッターナイフの刃で転がすようにして傷を付けてから折るようにして切断します。注意する点は内部導体を出すためにテフロンを切断するのに、内部導体にあまり強く刃を当てると傷がつきその部分から折れる事故が起きやすいので細心の注意が必要です。
 バランとして利用する場合は中心周波数よりもすこし高めに加工するのが良いようです。また基板に沿わせて実装する場合、パターンの表面(実装面の層)は影響されないようにGND面をくりぬく必要があります。4層基板の場合はできれば2層・3層もくりぬいた方が影響が少なくなります。
 さらに広帯域が必要な場合はフェライトコアの中にケーブルを通したりします。しかしながら、電力を扱う場合に損失でコアが熱くなる場合がありますので、温度のチェックも重要です。コアの固定にはシリコン接着剤などを最小限使用します。
ソフト的には
信号の伝送にもよく利用されますが、外形が太くなると曲げ半径が大きくする必要があったり、手では簡単に曲げられなくなりますので、伝送電力・周波数を考慮して最適な太さを選択しましょう。さらに動かす必要があるときや、比較的シールド特性が重要でない場合は外部導体が網状に織り込まれたセミフレキシブルケーブルを利用することもできます。


« VCOのはなし2 | トップページ | RFアンプの試作のはなし2 »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48292635

この記事へのトラックバック一覧です: セミリジッドケーブルのはなし:

« VCOのはなし2 | トップページ | RFアンプの試作のはなし2 »