SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 周波数逓倍(ていばい)のはなし | トップページ | RFスイッチのはなし »

2010年5月25日 (火)

AppCADのはなし

AppCADとは
アジレントテクノロジー社が無償で提供している高周波用のツール集です。ホームページからダウンロード出来ます。
ハード的には
今回はマイクロストリップラインを計算するツールを紹介します。
1) 起動したら左のメニュー欄の[Passive Circuit]を選択
2) いろいろなストリップラインの図が出てくるので、今回は Coplanar Waveguide の両面のGNDプレーン付きのものを選択。
Appcad
3) 上記のような図が出てくるので、各入力欄に必要事項を入れます。
・まず最初に使用する基板の誘電率を左下のポップアップメニューで選びます。
 ここではガラスエポキシを使うとして、 FR-4 を選択します。εr=4.6となりましたね。
 メニューにない時は一番上の[->Enter custom value ]を選べば、直接値を入力できます。
・次に使用する周波数を入力します。
・Length Unitsの項目は [mm]を選んでおきます。
4) 次に基板のパターン情報ですが
・基板の絶縁層の厚さを [ H ]の項目に mm で入れる。 1mm なら [ 1 ]を入力。
・次に [ T ]の項目に銅箔の厚みを入力。 18ミクロンならば [ 0.018 ]と入力。
・いよいよパターン幅ですが、 [ W ] に導体幅、[ G ]にギャップの幅を入れます。
5) 右上のボタン [ Calculate Z0] を押します。
 すると下のボックスに計算値が表示されます。Z0= に希望の数値が出るように、Wと Gの値を変えて入力しながら幅とギャップを求めます。
6) 幅を広くするとインピーダンスは下がります。また、ギャップを狭めますと同様にインピーダンスが下がります。しかしながらギャップを広くしすぎますと、後で調整用のコンデンサなどを半田付け出来なくなりますし、狭くするにもパターン間の製作上・絶縁上で限度があります。また、パターン幅も高い周波数ではそれだけ浮遊容量が増え、実際的な基板ロスが増えますので、10GHz以上は1mm以下の伝送ラインにするほうが良いでしょう。
7) 計算結果には Elect Length の欄に波長が出てきます。基板上の [ L ]に設定した長さの結果ですので、基板上でλ/4のラインを作る時などこの値が 0.25になるよう長さを選びます。
メインメニューに戻るには右上隅の[ Main Menu ]ボタンを押します。
ソフト的には
他の表側にグランドがない場合のストリップラインや導波管の中の同軸導体など様々なインピーダンスが計算できますので、マイクロ波関連には有用なソフトです。

« 周波数逓倍(ていばい)のはなし | トップページ | RFスイッチのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48453232

この記事へのトラックバック一覧です: AppCADのはなし:

« 周波数逓倍(ていばい)のはなし | トップページ | RFスイッチのはなし »