SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 電源ICのはなし | トップページ | I2C ACK のはなし »

2010年5月12日 (水)

A/D変換のはなし

A/D変換について
今回は特に組み込みCPU内蔵のA/Dコンバーター機能を使用する場合の注意点について書きます。基本的にはA/D変換ICとCPU内蔵A/Dコンバーターの使用法は大差ないですが、内蔵の分アクセスが簡単ですが、アナログ信号とデジタル信号が近くなりやすいので注意が必要です。
ハード的には
H8adA/Dコンバーターは入力インピーダンスが高いのが普通で、外部からの雑音によって影響されやすいです。次に使用上の注意を書きます。
1)使用していないA/Dポートは抵抗などでプルダウン(プルアップ)しておく。誘導ノイズで入力端子がラッチアップして他のチャンネルに影響を与える場合があります。
2)雑音除去のため抵抗やコンデンサーによるローパスフィルタを構成してノイズを除去します。
 あまり大きな値をつけるとアナログ信号の変化について行けない場合がありますので、その点の考慮が必要です。安定した値を読むだけでしたら 0.1uF 程度のコンデンサーで問題ありませんが、数mSの変化を見る場合は 1000PF程度に抑えておきます。
3)アナログ信号用のGND(アナロググランドAGND)を必ずアナログ信号入力と一緒に信号源まで持って行く。デジタルノイズによってアナログ値が影響を受ける場合がありますので、時にはデジタル信号との間をガードするようにパターンを作成します。デジタルGNDと分離できない場合はベタGNDを強化するなどGND電位の安定化をするため注意する事が必要です。
4)微小な信号の場合は信号源でOP-AMPなどで増幅して、A/D入力付近で入力電圧範囲に合わせるよう分圧する。
5)量産時などA/D検出電圧を絶対値で利用する場合、A/Dリファレンス電圧に注意する。
Lm4132
 通常のマイコン電源5VなどはレギュレーターICを使ってもICのロットやバラツキで 4.6V〜5.5V程度の誤差がある可能性があります。せっかく測定してもセットによって測定値がバラバラ...1台ごとに校正値を補正するのは大変...そんな場合はリファレンス電源にLM4132などのシャントレギュレーターを使って安定化します。4.096Vなどの電圧も用意され10Bit A/D に好都合、電圧誤差 0.1% 温度誤差 10 ppm/°C 程度を保障しています。
ソフト的には
CPU内蔵のA/Dコンバーターはレジスタをセットすれば、自動で変換結果レジスタに取り込んでくれたり、割り込みで平均処理をするのに簡単な場合が多いのでよく利用します。A/D入力を使って制御するソフトを開発する時は、デバッグの時に備えてコンソールやRS232Cでコマンドで A/Dの値を読めるようにしておくと便利です。制御のタイミングに合わせてデーターを表示しておいたりして、ハード的な電圧とCPUが認識する電圧がわかるので比較が容易になります。


« 電源ICのはなし | トップページ | I2C ACK のはなし »

ノウハウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48338850

この記事へのトラックバック一覧です: A/D変換のはなし:

« 電源ICのはなし | トップページ | I2C ACK のはなし »