SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« SMD部品のはなし | トップページ | I2Cのトラブルのはなし »

2010年4月22日 (木)

RFパワーアンプのはなし

RFパワーアンプとは
[Radio Frequency Power Amplifire]です。RFの定義からは 30KHz以上の高周波を扱うアンプで、パワーアンプというと出力は100mWをこえるあたりからではないでしょうか。携帯電話の出力電力もピークでは500mWを超えるので、小型のパワーアンプが入っていると言えます。大きいものではラジオの送信所のアンプで数10KWの出力を持つものもあり、過去沖縄の VOA放送局( Voice Of America)の近くでは、「アンテナのそばに行くと蛍光灯や電球が灯る」なんて話があるほど強力な電波を出していました。
ハード的には
30MHz以下の低い周波数では、MOS-FETが使われ高周波ウェルダーなど数KWの出力のアンプが用いられます。3GHz以下の周波数ではMOS-FETの中でも比較的安価で効率の良い LD-MOS と呼ばれるFETが使われ、携帯の基地局やテレビ放送中継用アンプなど広範囲に使用されています。なかには1デバイスで、パルス用ですが 1KWもの出力を出すデバイスもあります。また、MOS-FETのなかでも 比較的低い周波数から広帯域増幅に用いられる VD-MOSと呼ばれるデバイスも開発されています。
 Polyfet というアメリカのメーカーではアプリケーションノートで自社のデバイスを使ったRFアンプの回路例や実装例、性能測定結果などを数多く公開しています。セミリジッド同軸線のバラン(高周波トランス)やトロイダルコアを使った製作例などはアンプを作る上で大変参考になります。Sk702
さらに高い周波数までのアンプは ガリウムヒ素( GaAs)半導体を使ったものが主流で、1MHzから1GHzのような広帯域のもの、数GHzから数10GHzまでの間で使われています。しかしながら使用する電圧が12V程度と低いので、高出力の場合大電流が必要なこと、ゲートバイアス用にマイナス電源が必要で、バイアスがかからない時はショート状態になるので、機器の保護回路が必要な点など、使用するには経験と知識が必要です。最近は GaN(窒化ガリウム)を使ったデバイス GaN-HEMTが多く開発され、その単面積あたりの出力電力の大きいこと、高い電圧(50V以上)で使用できる点などが評価され、単一デバイスで14GHzでも数10W出るものも出来ています。
ソフト的には
上記GaAs-FETのアンプにはハード的に保護回路を設けられ、ゲート電圧が安定した後、ドレイン電圧をかけるようなしくみになっていますが、多くのデバイスを使うようなアンプの場合、個別の故障を検出したり、過電流・高温を検出するのにマイコンとセンサの利用が今後ますます増えてくると考えられます。また、広帯域・高出力のアンプが最近車の EMC (外部からの電波による誤動作が無いかの試験)測定で要求が増えています。そのため、システムとして測定周波数をバンドで分け、GPIB等でアンプを制御してフィルタやアンプを切り替えます。その際切り替える、高周波リレーの動作速度の制限から、数100mSから数秒切り替わるのに時間がかかります。そのあたりを考慮してプログラムをしないと、切り替わる途中でパワーを出したりしてアンプやフィルターが壊れる場合があります。立ち上がりや電源の切り方にも注意が必要です。

------------- 高周波アンプのお問い合わせは ---------------------------------

(株)アールエーディー
Rad_top

 

« SMD部品のはなし | トップページ | I2Cのトラブルのはなし »

RF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48151280

この記事へのトラックバック一覧です: RFパワーアンプのはなし:

« SMD部品のはなし | トップページ | I2Cのトラブルのはなし »