SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« CB無線のはなし | トップページ | MOS-FETのはなし »

2010年4月18日 (日)

触診のはなし

触診とは
医者ではないけど、トラブルの原因を指先で触って探すこと。テスターとかオシロスコープとかで電圧や波形を測定するのでなく、回路の部品や配線パターンなどを触ってトラブルの原因をさがす手法です。
ハード的には
作った回路が思いもかけず発振していて、出力をオシロスコープで見たら一目瞭然、そんなときあなたはどうして原因を探しますか?回路図上で発振しそうな部品の値を変えてみますか?それとも回路が間違っていないか、もう一度回路図と実物と照らし合わせますか? ちょっと経験のあるエンジニアなら、出力の発振波形をみながら指先でパターンを探って、発振がひどくなったり、止まったりはしないかとまず触ってみるのではないでしょうか?(もちろん触って感電や火傷しそうな場合はNGです)
Yubi
 指先で触ると言うことは
1) インピーダンスが高くて不安定な所は大丈夫か? 指先を近づけたり、軽く触ると人体のアースとの間で誘導電位(主に交流ノイズ)が発生し、ノイズが増幅されます。さわって大きく出力波形が乱れる場所はインピーダンスが高いか、ゲインが高いので、要注意の場所だと判ります。 
2) 触ると発振が弱くなったり、止まったりしないか? 触ると対象との間に微少なコンデンサーをつけたと同じ効果が出ます。高域でゲインが高くなっていて発振しやすい場所が判ります。
3)触って物理的に力を加えた場合に変化はないか? 接触不良や、イモ半田、部品のクラックなど物理的な影響で動かすと治ったりする場合に効果的ですが、力が加わってトラブルを起こしている部分が特定できず、思わぬ所が悪かったりします。特に手半田や試作品にある話です。あるときはプリント基板のスルーホール加工の不良で見つけるまで苦労しました。
4) ICなどパッケージを触って、思わぬところで発熱していないか? 最近の高出力 OP AMPなどは電流が流せるし、壊れにくいので発振していても判りません。触ってみるととても熱くなってたりします。出力におおきなセラミックコンデンサ( 0.1uFぐらい)を入れてしまい発振したこともありました。
ソフト的には
マルチチップのCPUボードや SDRAMなど高速のシステムでなんか時々データーがこける、データーが全部Highになった時になりやすいとか、バスラインを指で触っていると快調!なんてこともありました。こんなときはやはりタイミングが大丈夫か検討すべきですね。もしくはバスにプルアップ抵抗入れるか、終端抵抗を入れるか? 最悪クロックを下げれば良くなるのか?
 基板も試作したばかりで不安、ソフトのミスかも知れない? ソフト屋さんも基板への触診が必要になる時もままありますね。

« CB無線のはなし | トップページ | MOS-FETのはなし »

トラブル対策」カテゴリの記事

コメント

他のWEB 情報によると、指で触るのは 10PF と 1MΩの並列相当だそうです。確かにテスタで指の抵抗値測ると 300KΩ〜1MΩぐらいありますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48116997

この記事へのトラックバック一覧です: 触診のはなし:

« CB無線のはなし | トップページ | MOS-FETのはなし »