SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« I2Cのトラブルのはなし | トップページ | CMOSのはなし »

2010年4月24日 (土)

ECLのはなし

ECLとは
[Emitter-coupled logic]で、TTLよりも高速動作を実現したデジタルICです。
トランジスタをスイッチング領域(OFF/飽和)で使うのでなく、常に電流をある程度流している状態で使うので高速ですが、消費電流が多くスイッチングする電圧や電源電圧(マイナス電源で駆動)などの違いで使いにくく、現在では一般的には使われていない。
ハード的には
Ecl
図のように入力段はエミッタ共通の差動増幅回路となっており、入力側に並列にトランジスタが接続されている。そのコレクタ出力をエミッタフォロアでバッファーして2つの差動出力として出している。
ICパッケージにはこの作動増幅器の閾値(入力の中間電圧)となる基準電圧が出力される端子が出ているのが多い。動作的には数nSでスイッチングが出来、1GHz程度の信号を処理できる。
 最大の問題が、通常IC周辺とのインターフェイスである。電源が−5Vを必要とするに加え、閾値が-1.2V程度とこれもマイナスの信号である。最近はOnSemiconductor社などが生産しているが、MC100ELシリーズなど PECLモードと称して、Vee = GND ,Vcc=+5Vとして使えるモードを持っている。実際周辺と繋げる場合は ViH(入力High電圧)が4V以上ViL(入力Low電圧)が3.3V以下と閾値として 3.8V程度と使うのには注意が必要である。カウンタなどは上記にもあるが、閾値電圧の端子Vbbが出ているもののあり、この電圧で入力端子をバイアスして、信号はコンデンサでカップリングするなどの用途に使える。
 過去ECLの高速性を利用して衛星放送チューナの映像検波に使用したことがあります。当時チューナー出力は 70MHz付近のビデオがFM変調されたIF出力で、それをECLで増幅し遅延回路で一定幅パルスを生成して、そのパルスの平均値を積分してベースバンド信号( 50Hz〜15MHz)に復調していました。他のコイル等を使った復調回路よりも直線性・広帯域特性に優れていました。
ソフト的には
現在ではロジック回路に使う用途はあまりありません。PLL分周とかクロックの分配などハード関連が多いでしょう。


« I2Cのトラブルのはなし | トップページ | CMOSのはなし »

DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48166900

この記事へのトラックバック一覧です: ECLのはなし:

« I2Cのトラブルのはなし | トップページ | CMOSのはなし »