SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« RFアンプの試作のはなし1 | トップページ | VCOのはなし2 »

2010年4月30日 (金)

BIASコントローラーのはなし

BIASコントローラーとは
MAXIMのICで、温度センサとEEPROMを持ち、2つの電子ボリュームによってLDMOSなどのRFパワーアンプデバイスのゲート電圧をコントロールし、温度によるドレイン電流の安定化や過電流に対する保護などを目的にしたICです。
4225_2
ハード的には
上の図は MAXIM の DS1870というタイプのコントローラです。内部にボリュームが2つあり、外部のデバイスのゲート電圧をコントロールしているのが判ります。
その他に1つの電圧入力(主にドレイン電圧の監視)と2つの電流検出端子(電流を電圧に変換するICを使って入力します)があり、ともに規定値を超えるとアラームを出すことも出来ます。
 また、電流検出端子に入る電圧によって、ボリュームの出力に対してテーブルを使ってオフセットをかけることができますので、電流が増えすぎた場合にバイアス電圧を調整して電流の増加を減らす働きもします。 2つのボリュームはEEPROMのテーブルを持ち、内蔵温度センサの値をアドレスにして-50℃から+100℃程度までの温度補償テーブルを書き込むことが出来ます。
 小型で大変便利なICですが、コントロールにI2Cを使うため直接パソコンから書き込むには変換治具が必要で、かつ書き込むアドレスが多くテーブルがバンク構造になっているなど、なんらかの書き込み支援アプリが必要です。私の場合H8を使った RS232C <-> I2C 変換モジュールを作り、PC側はボーランドC++ で書き込み支援ソフトを作りました。
ソフト的には
このページで書ききれないほど注意点がありますが、BANK1のコントロールレジスタはパスワード用のレジスタがあるので、安易に書き間違えるとロックがかかり書き込めなくなってしまいます。
このときは書き込んだパスワードエリアの値を、パスワード書き込みレジスタに連続して書き込み、ロックを外した後、パスワードレジスタを 0xFF に書き込んで保存します。
 保存するタイミングも、書き込み可能にするレジスタをきちんと元に戻してから電源を切らないと保存されなかったりするので、注意が必要です。
 温度テーブルに書き込むのは実際に動作させて温度を変化させながら行いますが、内部の温度センサの値をチェックして熱的に平衡になった時に行うのがベストです。温度テーブル自体は2℃ステップで使用しましたが、調整時は10℃ぐらいで測定し、書き込みは間を補完しても良いでしょう。調整がクリティカルなときは周辺2℃は実際に測定した方が良いかも知れません。
 このICはバイアス用途だけでなくとも例えば温度によってアナログアッテネーターをコントロールすれば温度によるレベル差などを調整することも出来ます。


« RFアンプの試作のはなし1 | トップページ | VCOのはなし2 »

DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/48224488

この記事へのトラックバック一覧です: BIASコントローラーのはなし:

« RFアンプの試作のはなし1 | トップページ | VCOのはなし2 »