SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« 須津技研発信 | トップページ | PLLのはなし »

2010年3月24日 (水)

I2Cのはなし

I2Cとは
DATAとCLOCKを使う2線式の通信方式で、主に組み込みCPU(ホスト)と周辺ICとを結ぶ。
CLOCKはホストから周辺に出力する片方向だが、DATAは周辺からの応答(ACK)を確認するため、双方向通信となるクロック同期型シリアル通信だ。

I2c_3

ハード的には
バスラインは通常数KΩの抵抗で電源にプルアップされ何らかの原因でICが電源が入っていなかったり、バスラインがショートしていても破損につながらないようなしくみになっている。その点でCPUのポートとしてはCMOS出力でなくオープンドレイン(GND側FETのみ)の端子が使いやすい。外部に出す場合はオープンドレインのバッファICなどを繋げて使用すると良い。
 周辺ICは、小容量のメモリ(EEPROMが多い)や、温度センサ、電子ポテンショメーターなどの種類がある。
 伝送スピードは通常 100KHz程度で高速モードでは 400KHz程度で通信できるが、バスの長さ・周辺接続の多さによってはあまり速いスピードでは誤動作が起きる場合がある。
 プロトコル的にはアドレス指定がコマンド上にあり、バスラインに複数の周辺機器を接続可能で、通常最大16個程度まであり、デバイスアドレスと呼ばれている。
---------- 以下ルネサステクノロジーの説明を引用すると ---------------
スレーブのアドレスを指定するためのアドレス・フィールドは 7ビットありますが、 そのすべてが自由に使える訳ではありません。
アドレスの最初の 4ビットが 0000 と 1111 は用途が規定されています。

0000 で始まるアドレスはジェネラル・コール・アドレス (0000 000) のような目的で使用します。
1111 で始まるアドレスの内で、 1111 0xx はこの xx の 2ビットとその後に続く 1バイトの合計10ビットでスレーブのアドレスを指定できます。
ただし、通常のマイコンでの使用では 10ビットのアドレスを使う可能性は低いと考えられます。
------------------------- END -----------------------------
 バスラインの開始・終了にはCLOCKとDATAの立ち下がり順(バスがIdleの時は通常 High Level)にてSTART コマンド、 STOPコマンドが定義されている。また応答時のACKはシリアル8ビットで通常のデーターを送信した後周辺側が9ビット目に DATA ラインをLowレベルを返すことで実現している。
 CPUによってはハード的に I2Cをサポートしているものもあるが、ACKが無い場合ソフトできちんと対応しないとハングアップしてしまう場合があり、PIC等もソフトでコントロールする方法も推奨されている。
 電圧レベル的には周辺ICにもよるが 5Vや 3.3V等で使われ、ハイスピード時には周辺にパルス波として雑音妨害を起こす可能性があり、フィルタリングが必要な場合があるが、コンデンサなど多くなると波形がなまり、信号伝送に影響が出るので注意が必要だ。
ソフトウエア的には
エラーがあった場合どのような処理をするか考える必要がある。
まずバスラインが正常かどうか判断する。Idle時はDATA/CLOCKラインがHighである。
これを通信開始時に確認する必要がある。DATAラインがLowの場合は周辺ICがACKを返している場合もあるし、ラインがショートしている場合、電源が入っていない場合がある。
これらを考慮していないと、何かの場合にトラブルになります。
 詳細はまた、I2Cのトラブルのはなしで....


« 須津技研発信 | トップページ | PLLのはなし »

DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

I2Cメモリはインクジェットプリンタの各インクカートリッジに入っていて、インク色情報・使用量などをメモリするのに使われます。このデーターが空っぽになると詰め替えインクなどでインクを足してもデーターが変わらないので使えないまま。メーカーも純正を買って欲しいからね。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/47899260

この記事へのトラックバック一覧です: I2Cのはなし:

« 須津技研発信 | トップページ | PLLのはなし »