SDOTECK HOME

  • ご参考になりましたか?
    SDOTECKブログでは、みなさんからのフィードバックをお待ちしています。 説明が解らなかったり、もっと詳しく解説してほしいポイント・テーマがありましたら、お気軽にsudoteck@gmail.com までメールくださるか、記事にコメントして下さい。
  • -

RF PowerAMP なら

  • RF AMP DESIGN

HEX calc pro 1.00

  • HEX calc pro ver1.00
    エンジニア向けの16進と浮動小数点を混在して入力出来る計算機 。 Version 1.00 高機能な 16進電卓や科学計算電卓はありますが、いちいちモードを切り替えなければならず、最大の問題は16進数と小数点値を同時に使用出来ないことです。
    詳しい説明はここ
    iTunes ではここまで

ATT calc

  • ATT calc ver2.00
    iPhone 用 RF アッテネーター計算ソフトです。  RF開発エンジニアに必要な、 dBm - W 換算機能をはじめ、π型やT型の ATTを 設計する上で、必要な dB値から抵抗値を算出する機能と、 E24系列の抵抗値を 使用したときの減衰量(dB)と整合インピーダンス(Ω) が表示されますので、どの 抵抗値の組み合わせがよいか検討できます。  また、正確な値を必要とする場合に2個のE24系列抵抗を並列接続して理想の値を 求める計算機能も持っています。  操作はピッカーホイールを回すだけですので、実験中でも片手で簡単に操作 できます。

FIL Calc

  •  LPF 計算機
    RFエンジニア向けフィルター計算ソフト LPFやHPFの設計をするときに、いちいちパソコンを起動してフィルタを設計、結果をプリントアウトして、実験室に行ってネットワークアナライザで測定・実験、ちょっと修正したい時にまたパソコンの所にもどって、再計算...というのが結構面倒で、手軽にiPhone で計算できるといいいなと思って作りました。

iPhone APP

  • ATT calc ver2.00
    SDOTECK が開発した iPhone APP の紹介です。 NEWS---SWRproリリース

Amazon

  • AMAZON Books

RAKUTEN

  • RAKUTEN

mujic.jp

  • music.jp
    music.jp

サイト内検索には?

  • -------------------------------
    ◆下の検索機能でこのブログのすべての関連項目を検索出来ます。是非使ってみて下さい。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

SCHEMATICS

BOSE

  • BOSE
    クワイアットコンフォート20
無料ブログはココログ

Google

  • Google

« TTLのはなし | トップページ | レイルトゥーレイル(OPAMP)について »

2010年3月31日 (水)

GNDのはなし

GNDとは
電気的に最も低い(安定した)電位を持つ場所。電圧を加える場合に基準となる電位。
しばしば大地(「アースをとる」と呼ぶ)や筐体の電位(シャーシ)を指す。
電流を流した場合電流の戻り道(リターン線)を呼ぶ場合もある。
ハード的には
単電源の場合はプラス電源を使っている場合は、マイナス側をさします。
ICなどでは電源端子を Vcc グランドを GND または Vee ( トランジスターのemitterからきたか?)としているばあいもあるし、最近の CMOS IC では電源側を Vdd ( FET の Drain )、グランド側を Vss( FETのSource )と呼んでいる。
プラスマイナス両電源の場合はプラス電源とマイナス電源の中間の 0V電位として GNDとして使われるが、この場合扱う信号の信号ラインの対をなす接地側を示している。
微少な信号を扱う時に他からノイズが入らないように小信号を扱う部分をGND領域で囲ったり、多層基板の場合GND層を付近全面をGNDにして互いを連結する穴(スルーホール)を多数設けて安定させる手法が用いられている。しかしながら他の部分で大電流を使って、この小信号部分が電源と大電流消費部分との間に位置している場合などその GNDラインを流れる電流にて小信号部分のGNDが影響を受けてしまうことがある。これは VCO(電圧制御発振器)などノイズが100万分の1でも影響を受ける部分などはこれらの影響が大きく、このVCO部分を基板を物理的に切り離し、小さなケースなどを覆わないと性能が出ない場合がある。特に高周波を扱う場合GNDの処理は大きな課題となる。
かといって GNDを電源から別々に持って行ったり、小信号部分を島にして電流の影響を少なくするような基板設計をするが、しばしばそのような対策をするより全面GND+スルーホール強化の方が効くことがあるので、ノイズ対策・EMI対策・高周波パターンは難しい。
ソフト的には
信号を扱う場合ノイズが多い時にいったい今 High なのか Lowなのか判定に苦労する場合が多い。
そんなときは GND (Low)になっている場合の信号を優先して考えると判定がしやすいかと思う。それは GNDにつながっている場合インピーダンスが下がるので、ノイズが入りにくいからだ。
例えば High / Low のパルスが来る時に Highが来るのを期待するのでなく、 Lowが来ているのを確認しておき、そうでない場合に Highと判定するようにする。今 Lowとして、期待パルス幅の8分の1の周期でチェックしておき、3回中2回以上連続 Low で現在 Low、3回中2回以上 Highで High判定するなど、モーター回転パルス判別時によく用いた手法だ。

« TTLのはなし | トップページ | レイルトゥーレイル(OPAMP)について »

DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556493/47958821

この記事へのトラックバック一覧です: GNDのはなし:

« TTLのはなし | トップページ | レイルトゥーレイル(OPAMP)について »